FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みなしご救援隊のボランティアへ

今月中旬,
原発20キロ圏内が警戒区域になる数日前のこと。

原発20キロ圏内に取り残された犬猫を
警戒区域になる時間ギリギリまで保護したりエサを撒いて下さっていた
みなしご救援隊』の福島仮拠点に、
たった二日間ですが少しでもお手伝いできればと思い行ってまいりました。

アイフォン写真 115

横浜を深夜出発して約五時間で到着。
コンビニ駐車場で少し仮眠してから朝九時くらいに仮拠点入り。
そこにはすでに、ケージから出てゴハンをもらっている犬達がいました。
この時は40~50頭だったのですが、
拠点入り二日目は少なくとも56頭はいたことを確認できました。

この拠点は、みなしごさんの活動に賛同したかたのご好意で使わせていただいていたのですが、
周りが畑ということもあり、
砂ぼこりがものすごい場所でした。
コンタクトの方がメガネに変えたくらい(^_^;)

page.jpg

先に来ていたボラさん達に混じって作業開始。
まずはゴハンを終えた子からお散歩へ連れて行きます。

アイフォン写真 116

ゆっくりたくさん歩かせてあげたかったのですが、
仕事が山積みなのに対し、
この日この時間のボラさんは5人いたかな~・・・?という人数でしたので
早足で次から次へと、どんどんお散歩させていきました。

と、この『お散歩』
これが結構大変でした。

保護されてくる子はほとんどが中型犬以上です。
でも私はというと・・・キャバリアより大きい子のお散歩をしたことがナイ!!

しかも、ワンコ達は震災後
愛する飼い主さんに置いていかれて
悲しくて、不安で、お腹も空いて、ワケが分からない状況で保護されたわけですから、
普段の精神状態ではないはずです。

事前に、不安やらなにやらで噛む子もいると聞いていましたが
ビビっているわけにはいかないので
大型犬にも慣れているボラさんを観察しながら
首輪に手をやり、リードをつけます。←この時が一番緊張した(汗)
体を触られるのは良いけど、首輪はダメって子もいるのでドキドキでした。


いざ、出発!・・・ですが、
引っ張りまくる子の多いこと多いこと(@_@;)

何頭行ったかだんだんわからなくなりましたが、
多分10頭くらいだったと思います。

page2.jpg
↑この写真下の秋田犬が超デカかったです。

この後一日目は、車を使用できる私と地元のボラさんの二台で
スクリーニング検査を行っている会場へ犬達7頭ほどを車で連れていきました。

二日目はケージのお掃除。
ボラのみなさん、砂ぼこりが舞う中で
できるだけ綺麗にしようとケージの中に頭を突っ込んで拭きまくっていました。
あらゆる作業で土まみれになろうがウンチを踏もうが気にしません。

アイフォン写真 113

ボランティアさんは県内や宮城の方がいれば、
千葉・埼玉・東京・横浜などの関東から来ている方のほうが多いことにビックリしました。
もっと遠くからの方もいました。


作業はさらに、
犬達の水分補給やリードの絡まりを直したり、ケージを運んだり・・・と
やることがとめどなく湧いて出てくるようでした。
こういった作業の合間に犬達を撫でて心のケアを意識したり・・・

ホントに、ホントに
トイレに行く時間さえもったいない!!くらいの忙しさでした。

アイフォン写真 095-horz

↑この向かって右の子。見るからにやせ細っていました。
他も一見普通に見える子ですら、触ると骨が指に当たるような状態の子がたくさんいました。

アイフォン写真 099

どこかに向かって必死に吠え続ける子。

遠吠えする子(飼い主さんを探しているかのようでした)

撫でるとジ・・・っと見つめて甘える子。

この状況を諦めたかのように丸くなって寝ている子。

かまってかまって~!としがみついてくる子。

アイフォン写真 110-vert

3時過ぎには晩ゴハンをあげて、食べた子から夕方のお散歩へ。
そして暗くなる前にケージ犬達をケージに入れます。

これがまた、大変でした。

みんな外飼いだったのでしょう。
ケージになれていないorケージ嫌いの子がほとんどだったんです。
暴れて難しい子は人間3人がかりでした。

アイフォン写真 107-horz

この時にいた犬達のほとんどは、ホストファミリーや預かりボランティア団体さんなどが引き取っていき
この福島の仮拠点は四月下旬に撤収し、現在は栃木に仮拠点を移し活動しているそうです。

栃木の拠点へも、行ける日を作りたいと思っているところです。

警戒区域になるぎりぎりまで、エサを置いていってくれた
みなしご救援隊や他愛護団体さん、個人の方がいます。
しかしあれからもう10日以上です。
餓死している子がさらに増えているだろうと考えると
悲しくて悔しくて自分の無力さに押しつぶされそうになります。

でも、引き続き自分にできることを少しでもやります。

個人的な記録もかねて、長い記事になりましたが
読んでくださってありがとうございます。


ブログランキングに参加しています!
もしよろしければ『読んだよ!』のポチッとをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
ありがとうございます!




コメントの投稿

非公開コメント

No title

おつかれさまでした。
そしてありがとうございました。
阪神大震災の時は怪我して暴れて口輪が必要になる子達がたくさんいたと聞いています。
大型犬の口輪が足りなくて大変だったと。

外飼いのワンコにケージはつらいでしょう。
大きいコは避難所は難しいでしょう。
ワンコに地震は理解出来ないでしょうから 捨てられたと感じてるコ達がたくさんいるでしょうね。

自分の無力さばかり感じる 今回の震災です。

あーちゃん お疲れさまでした。 ほんとにありがとうございました。

なっち!!!さん

コメントありがとうございます(*^_^*)

いえいえ、私は『行く』ということしかできなかっただけです。トホホ。
もっとお金に余裕があれば、
他にもできることはあるのでしょうけど、
無いならばその分を体で!・・・と思ったのです(^_^;)

阪神淡路大震災の時、
そうだったのですね。
当時はまだ犬猫の事に関心が向いておらず、何も知りませんでした。


今回の場合、
震災、津波ではぐれたり亡くなったりという事については
『自然災害だった』と、かなりの範囲でいえるのでしょう。

しかし、みなしご救援隊などが保護しているワンコの大半は、
原発問題の為、避難指示が出された地域に置き去りにされた子達です。
これは、飼い主さんにそうせざるを得ない状況に追い込んだ
政府による『人災』ですよね。

みなしごさんは現在も、
『計画的避難区域』の方々からの依頼で預かったり、
その地域の放浪犬を保護していますので
またお手伝いできる日があったら行きたいと思っています。
プロフィール

あーちゃん

Author:あーちゃん
・ココ(♀)
ロングコートチワワ
誕生日/2005.7.9
繊細で、ナッツと共にビビリーズ。
ワンコも大の苦手。


・ナッツ(♀)
ロングコートチワワ
誕生日/2005.7.9
繊細で、ココと共にビビリーズ。
ワンコも苦手。
やること全てが全力で一生懸命。


・ラテ(♀)
キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
誕生日/2007.10.23
天真爛漫。

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。